2018/05/25

路線全駅紹介(21) 東日本旅客鉄道 伊東線


東日本旅客鉄道 伊東線
(ひがしにほんりょかくてつどう いとうせん)


2012.12 伊東(電車は伊豆急行)
【DATA】
【開業】1935(昭和10)年3月30日
【路線距離】16.9km
【軌間】1,067mm 単線
(熱海~来宮間 複線)
【電化方式】直流1,500V 架空電車線方式
【起点/終点】熱海/伊東
【駅数】6

【当路線のざっくり年表】
1935(昭和10)年 熱海~網代間が開業。
1938(昭和13)年 網代~伊東間開業。全線開通。
1958(昭和33)年 来宮~伊東間でCTC使用開始。
1961(昭和36)年 伊豆急行が開業。直通運転開始。
1969(昭和44)年 特急「あまぎ」運転開始(のちの「踊り子」)
1984(昭和59)年 貨物営業廃止。
1987(昭和62)年 国鉄分割民営化。JR東日本の路線となる。


---------- 静岡県熱海市 ----------
#0475 熱海
(あたみ)
【区分】甲II 【撮影日】2013/7/20
【開業】1925(大正14)年
【乗車人員(日)】10,057人(JR東日本)
【他路線】東日本旅客鉄道 東海道本線、
東海旅客鉄道 東海道本線、東海道新幹線

【その他】(2015)新駅舎供用開始
1.2km
#0220 来宮
(きのみや)
【区分】甲II 【撮影日】2012/12/23
【開業】1935(昭和10)年
【乗車人員(日)】1,133人
---)不動トンネル[1,795m](---
4.8km
#0216 伊豆多賀
(いずたが)
【区分】甲II 【撮影日】2012/12/23
【開業】1935(昭和10)年
【乗車人員(日)】615人
2.7km
#0217 網代
(あじろ)
【区分】甲II 【撮影日】2012/12/23
【開業】1935(昭和10)年
【乗車人員(日)】922人
---)新宇佐美トンネル[2,941m](---
4.3km

---------- 静岡県伊東市 ----------
#0218 宇佐美
(うさみ)
【区分】甲II 【撮影日】2013/12/23
【開業】1938(昭和13)年
【乗車人員(日)】1,254人
3.9km
#0219 伊東
(いとう)
【区分】甲II 【撮影日】2012/12/23
【開業】1938(昭和13)年
【乗車人員(日)】7,576人(JR東日本)

【他路線】伊豆急行 伊豆急行線
伊豆急下田まで伊豆急行線と直通運転


2018/05/23

シヌゼン各駅紹介(404) 
あなたの名前の駅はどこに・日本の名字駅にご案内(5) #0753 清水駅(静岡県)

#0753 清水(しみず)

・東海旅客鉄道 東海道本線
 興津|草薙
【区分】甲II 【撮影日】2014/3/21
【所在地】静岡市清水区
【開業】1889(明治22)年
【乗車人員(日)】10,705人
【駅名変遷】江尻(1934)


名字ランキング第20位
清水さん
【全国の清水さん】約53.5万人
【分布】関東、中部地方に多い。
東北や九州は少ない。
【県別BEST3】山梨4位、群馬5位、長野7位
(静岡は29位)
【おもな著名人】
清水一行(小説家)、清水章吾(俳優)、
清水国明(芸能人)
清水宏保(スケート)、清水直行(プロ野球)


静岡市清水区に所在。
JR東海・東海道線の駅。
以前は清水市の代表駅だった。


2003年に供用開始の橋上駅舎。
西口駅前、タクシープールのようす。
「清水」駅は愛知・名鉄瀬戸線、
大阪メトロ今里筋線にもある。


1889年、官設鉄道の江尻駅として開業。
東海道本線全通もこの年。
「江尻」は東海道五十三次18番目の宿場町。
1934年に清水、と改称した。


何となく駅以外の建物は昭和の香り(笑)
東側は海と工場地帯なので
こちら「江尻口」から市街地が広がる。


東西自由通路をあがり、
改札前コンコースを抜けて
東側に移動してみよう。


改札前から東口を見る。
大きな窓が陽光をいっぱいに取り込む。


逆に西口側を見る。


東口へ降りる階段付近。
エスパルスとちびまる子ちゃん、
清水みなとの名物は次郎長のみにあらず。


東口には大きな広場がある。
「みなと口」と呼ばれる。
左上の通路は
文化会館「マリナート」へ直結。


いまGoogleMapで見ると
駐車場になってるような・・・。
中央の高層ビルは
「マークス・ザ・タワー清水」


改札前に戻る。
一日の乗車人員は10,705人。
ちと少ないようなイメージ。


改札内から改札口。
ま、人は多いとは言えないね(笑)


整然としている改札内エリア。
左にはエレベーターが見える。


ホームは島式の1面2線。
左2番線静岡方面下り、
右1番線沼津方面上り。


2番線静岡寄りから駅舎方向。
清水といえば以前は広大な用地に
多数の貨物側線を持つ要衝駅だった。


かわって1番線上りホームを
静岡方から駅舎方向。
かつては清水港線が三保まで伸びており、
貨物輸送の片手間に旅客列車が
運行されていたが、1984年に廃止。


2番線中ほどより静岡方向。
左奥の建物がマリナート。
東西自由通路で繋がっている。
清水港線のホームは東海道線のホームから
少し離れた場所に設置されて
構内踏切で連絡していた。


静岡寄りホーム端から静岡方面。
広大な貨物側線は
貨物輸送の縮小にともない
徐々に遊休地と化し、
2002年に全廃後、東口の広場や
住宅地に転用された。


沼津方ホーム端より沼津方面。
旅客ホームはもともと1面だったとはいえ、
広大な駅構内は現在は見る影もなし。
しかし駅前は整備され利便性も高く、
スマートなイメージの駅に
生まれ変わっている。


2001
旧駅舎。
現駅舎の完成が2003年なので、
建て替え直前の様子。





2018/05/16

シヌゼン各駅紹介(403) 
あなたの名前の駅はどこに・日本の名字駅にご案内(4) #1688 小川駅(東京都)

#1688 小川(おがわ)

・西武鉄道 国分寺線
 鷹の台|東村山
・西武鉄道 拝島線
 萩山|東大和市
【区分】甲 【撮影日】2015/6/12,7/2
【所在地】東京都小平市
【開業】1894(明治27)年
【乗車人員】14,476人(2015)


名字ランキング第30位
小川さん
【全国の小川さん】約39.8万人
【分布】ほぼ全国展開
【県別BEST3】千葉14位、広島、長崎20位、
東京24位
【おもな著名人】
小川未明(文学者)、小川宏(アナウンサー)、
小川真由美(女優)、小川洋子(小説家)
小川淳司、小川泰弘(プロ野球)ほか


生まれて以来、数々の場面での
小川さんの顔が目に浮かぶ(笑)
会社の同期にもいるしな。
駅は東京都小平市に所在。西武鉄道の駅。


開業は1894年、川越鉄道の駅として。
西武鉄道では最古参の駅である。
「小川」駅は熊本・JR鹿児島本線にも。
こちらメインの東口駅前。


駅の東側はブリジストン、
第一パンなどの工業地帯、
西側はかなりの密度で
文教施設が集中する。


開業から下って1950年、
上水線、いまの拝島線が当駅から
玉川上水まで開通。起点となったが、
1962年に萩山まで延伸、途中駅となり、
同時に国分寺線との連絡駅となる。


東口階段を下りた付近。
緑の多い駅前でくつろぐ
タクシーの運転士さんたち。


かわって西口。
周辺はアパートなどが多い住宅地。
駅前のスペースは狭い。


当駅は橋上駅舎で、
1964年に現在の駅舎となった。
構内東側に側線を持つ配置なので
跨線橋(連絡通路)はやや長め。


改札口。一日の乗車人員は
両線あわせ14,476人。
西武全92駅中、34位。


EVを使用するお客さんには
こちらのミニミニ改札口を。
橋上駅舎は改札内エリアのスペースが
限られるため、たまにこんな駅を見る。


改札内エリアのようす。
「TOMONY」は西武とファミマが
共同展開するエキナカ施設。


築50年以上の無骨な駅舎内に
オレンジの看板が映える。
ホームへ下りてみよう。


ホームは2面4線。東側に側線を持ち、
西側には貨物扱いがあった頃の
引込み線が残る。
まずは3,4番線からご案内。

こちら4番線拝島線下り拝島方面ホーム。
その反対が3番線国分寺線上りホーム。
乗り換えが非常に便利。


4番線拝島方から駅舎方向。
国分寺線にくらべ拝島線は編成数が多く、
1988年にホームの延長工事をおこなった。


1,2番線へ移動。
こちら2番線国分寺線下り、
反対側が1番線拝島線上り。
2番線を東村山方から駅舎方向。


2番線を東村山方から駅舎方向。
乗り換えは便利だが、電車は大変。
あとに開業した拝島線は、上下とも
渡り線を通り国分寺線を横切る。


2番線国分寺方から駅舎方向。
駅舎は南側に偏って設置されているが、
上屋はホーム全面にかかっている。


1番線は拝島線上りホーム。
右の土台?は以前のホーム跡か。


看板で見えにくいが
1番線ホームの西側には
引き込みの線路跡。
貨物扱いのあった頃の名残か。
西武の都内駅では最後まで
貨物取り扱いがあったが
1981年に廃止された。


1,2番線ホームより萩山、東村山方向。
左の拝島線は国分寺線を
渡り線で横断して次駅萩山へ向かう。


3,4番線ホーム端より
国分寺、拝島方向。
同じく左4番線の拝島線電車は
国分寺線を横切り次駅東大和市へ。
歴史的経緯も複雑な
西武線の「この辺り」だが、
実際の配線も同様に複雑な運用だ。