2018/06/18

「死ぬまでに全駅」(412) #0043 井土ヶ谷駅

#0043 井土ヶ谷(いどがや)

・京浜急行電鉄 本線
 南太田|弘明寺
【区分】乙 【撮影日】2012/7/22
【所在地】横浜市南区
【開業】1930(昭和5)年
【乗車人員(日)】14,080人(2016)


横浜市南区にある、
京浜急行電鉄本線の駅。
駅周辺はパチンコ屋が乱立、
撮影者背後はセレモニーホールで、
よくわからないまちだ。


50年くらい前まで駅前には
紡績工場があったが
現在は高層団地やスーパーに変貌している。


改札口。
一日の乗車人員は14,080人。
多少の増減はあるものの、
40年くらい前から変化なし。


改札内エリアには売店も。
ホームへの階段がこのすぐ左に、
右には託児所の出入口がある。


その他にホーム中ほどへ至る階段もある。


上り電車の朝のラッシュ対策か、
この先の階段は左右に分かれる。
構造上、下りはひとつのみ。


ホームは2面2線の相対式。
こちら1番線下り三崎口方面、
向かい2番線品川方面。


開業は1930年、湘南電気鉄道の駅として。
築堤上の小駅のスタイルは変わらず。
2009年のリニューアルで重厚なEVを設置。


1番線品川寄りから品川方向。
利用客は京急72駅中21位と上位。
1971年に朝の上り電車に限り
急行が停車するようになる。


2番線中ほどより品川方向。
しかし1999年に急行が
当駅にやって来なくなり、
普通電車のみ停車となる。
その後エアポート急行として復活すると
当駅も常時停車駅となった。


1番線ホーム端より三崎口方向を見る。
接近メロディはケツメイシの「さくら」
メンバーのひとりが井土ヶ谷出身にちなんで。
ゆずのゆかりの地、岡村も当駅が近い。
近くないけど京急では一番かな(笑)


1番線ホーム端より品川方向。
このガードの下を1968年まで
横浜市電が走っていた。
まちはずいぶん様変わりしたが、
そこに住む人たちや
よく通りかかる者には不思議と
そうした変化は実感として
感じられなかったりする。






2018/06/13

「死ぬまでに全駅」(411) #0908 心臓血管センター駅

#0908 心臓血管センター
(しんぞうけっかんせんたー)

・上毛電気鉄道 上毛線
 赤坂江木
【区分】甲 【撮影日】2014/7/6
【所在地】群馬県前橋市
【開業】1994(平成6)年
【乗車人員(日)】72人(2015・降車含む)
【駅名変遷】循環器病センター(2001)
【その他】(1967)前橋病院前信号所として開業


群馬県前橋市に所在する、
上毛電気鉄道上毛線の駅。
駅全景。1994年に駅に昇格、
それまでは信号所だったが、
旅客扱いもあったようだ。


臓器の名称が使用される、
国内では非常に珍しい存在。
2001年までは病院の名称にならい
「循環器病センター」と名乗っていた。


ホームは1面2線の島式。
左1番線西桐生方面下り、
右2番線中央前橋方面上り。
電車はおおむね1時間に2本。


わりと市街地を走る路線だが、
このあたりは窪地のようになっていて
木々の緑が濃い。
1967年信号所として開設時は
「前橋病院前信号所」という名称だった。


中央前橋方向を見る。
国道17号バイパスの高架が見える。
一日の利用客は72人。


無人駅だが、駅前には
ゲートのようなものがある。
「ぐんまリハビリセンター」という
公園内を抜け、斜面の登りきると
群馬県立心臓血管センターにいたる。





2018/06/11

「死ぬまでに全駅」(410) #0996 潮来駅

#0966 潮来(いたこ)

・東日本旅客鉄道 鹿島線
 十二橋延方
【区分】丁 【撮影日】2014/8/7
【所在地】茨城県潮来市
【開業】1970(昭和45)年
【乗車人員(日)】349人(2016)


今日も雨。
でも潮来のあやめはいま花盛り。
茨城県潮来市の代表駅で
東日本旅客鉄道鹿島線に所属する。


こちら東口。
開業は1970年、鹿島線開業時。
開業より5年間は非電化で、
1974年に全線電化。これ知らなかった。


東口駅前のようす。
路線バスのほか、
鹿島線の命運を左右した
東京行きの高速バスも運行されている。


東出入口付近。
鹿島線は鉄建公団が
高規格路線で建設したため、
全線のほとんどが高架。
広大な水郷地帯を行くが
高架路線はイマイチ馴染まない。


かわって西側出入口。
100m南に進むと
常陸利根川の左岸に出る。


西側の駅前広場。
西へ100mで「水郷潮来あやめ園」。
500種100万株のアヤメが植えられ、
毎年6月には
「水郷潮来あやめまつり大会」が
開催される。


出入口は南側高架下にも。
なかなかの観光資源を持っていながら
駅構内はやや殺風景かな。


駅構内改札前のようす。
日中は2時間に1本のローカルぶり。
烏山線よりダイヤが薄いのでは。


改札口。
一日の乗車人員は349人。
鉄建公団テイストの近郊駅そのもの。
いろいろ飾り付けてもしっくりこない。


改札内から改札口を見る。
夏休み中で頼みの学生の姿もわずか。
1989年、東関道が潮来まで開通。
以後鉄道は高速バスの餌食に。


それでも階段アートで工夫を凝らす。
東関道はたしかに便利。
鉄道は千葉県内の途中も
のんびりし過ぎなんだよな。


高架駅の2階部分。広く取られている。
潮来市は人口2.8万。
2001年に潮来町と牛堀町が合併、
潮来市となった。


無人の待合スペースは
真夏でもどこかひんやり。
構内は経年劣化でくたびれた箇所も多い。


ホームは1面2線の島式。
こちら1番線上り佐原方面、
電車が止まっているのが
2番線下り鹿島神宮方面。
ホーム中ほどより鹿島神宮方向。


1番線ホーム中ほどより
佐原方向を見る。
電車は交換がない場合、上下とも
こちら1番線に発着する。


ホームは有効長11両分と長い。
鹿島神宮方より佐原方面。


現在は6月のあやめまつり時のみの
運行となった「あやめ」号と普通電車の交換。
佐原~鹿島神宮間は普通列車扱いのため、
ローカル輸送にも貢献していた。


かわって2番線は基本下りホーム。
片方の電車が通過扱いの場合、
上下関係なく通過列車が1番線、
退避するほうが2番線に入線するが
もはや通過する列車は貨物のみ。


1番線鹿島神宮寄りから
鹿島神宮方面を見る。


1番線佐原方ホーム端より
佐原方向。
「いたこーのおいーたろおう」で
はじまる唄は橋幸夫の「潮来笠」。
前出の「あやめ園」には
潮来の伊太郎の像も建つ。
いま、まさにハイシーズン。
水郷のあやめと過ごす週末はいかが。