2018/04/18

「死ぬまでに全駅」(399) #1233 北戸田駅

#1233 北戸田(きたとだ)

・東日本旅客鉄道 東北本線(埼京線)
 戸田|武蔵浦和
【区分】甲 【撮影日】2015/3/15
【所在地】埼玉県戸田市
【開業】1985(昭和60)年
【乗車人員(日)】20,560人(2016)


埼玉県戸田市にあるJR埼京線の駅。
埼京線の駅は初めての紹介。
「埼京線」とは運転系統の名称で、
路線は正式には東北本線の「別線」である。


まずは東口に。
ホームが高い位置にあり、
駅全体が壁のようにそそり立つ。


1985年、国鉄末期に開業。
埼京線は東北新幹線に並行して建設され、
いわゆる「通勤五方面作戦」でも
飽和状態の既成路線を
補完する目的で建設された。


駅周辺は住宅地と工場が
混在したような場所である。
奥に見えるのはいまや北戸田の
ランドマーク的存在のタワーマンション
「北戸田ファーストゲートタワー」


かわって西口。
こちらは派手なオレンジの塗装。
クルマ寄せのロータリーがあり、
左へ進むとバス停もある。
日高屋も(笑)。


埼京線内の各駅は
「ステーションカラー」があり、
ホーム上屋の柱などが
それぞれのカラーで塗られている。
戸田市の駅はこのカラーを律儀に
外観にも取り入れているため、
こんなド派手な印象になっている。


改札口と駅コンコース。
同じく高架駅ばかりの京葉線の駅と
作りも雰囲気も似通ったところがある。
開業も同年代だし。


改札口。
一日の乗車人員は20,560人。
15年間で5割増しで、増加を続ける。


改札口を改札内から。
快速電車の通過する駅としては
浮間船渡に次いで利用客が多い。


ホームが高い位置にあるため、
途中踊り場を経てホームへあがる。
線内では最も高い位置にホームがある。
ここで取り上げた「埼京線」の駅とは
当駅こと。


もちろん、
エスカレーター、エレベーターでも
ホームへ上がることができる。
朝夕のラッシュ時は当然、混み合う。


ホームは1面2線。
イメージカラーのオレンジのラインが入る。
左が1番線、南行の赤羽方面、
右が2番線、北行の大宮方面。


2番線を赤羽方から大宮方向。
一段低い線路は新幹線。
当駅が高い位置にあるのは
この先の東環道の高架をさらに跨ぐため。


1番線中ほどより大宮方向。
当駅は計画時はもっと東寄りに
設置される予定だった。


しかし住民の反対運動により
西寄りのコースに変更された。
地図を見ると
西側に湾曲しているのがわかる。
2番線を赤羽寄りから大宮方向。


もともと新幹線を通すこと自体、
住民の反対運動を受けることになるが、
その見返りに埼京線を通し、
駅を設置し利便を図ったという経緯もある。
ホーム中ほどの待合室付近を撮影。


大宮方ホーム端より大宮方向。
東環道の防音シールドが右遠くに見える。
高層のビル群はさいたま新都心。
高い位置だけになるほど見晴らしがいい。


赤羽方ホーム端より、
赤羽方向。
右の併走する新幹線の架線柱が一段低い。
この場所にいつまでも鉄道が、
駅がない生活をもはや想像できない。
それほどまでに沿線の人口は増え、
埼京線もいつしか首都圏の最重要路線の
ひとつに数えられるようになった。








2018/04/16

「死ぬまでに全駅」(398) #1447 吉川美南駅 

#1447 吉川美南(よしかわみなみ)

・東日本旅客鉄道 武蔵野線
 吉川|新三郷
【区分】乙 【撮影日】2015/9/21
【所在地】埼玉県吉川市
【開業】2012(平成24)年
【乗車人員(日)】4,162人(2016)


埼玉県吉川市に所在。
JR武蔵野線の駅。


請願駅として2012年開業。
吉川市が43億円を負担する。
こちら西口のようす。


新三郷駅同様、
旧武蔵野操車場の跡地に設置。
駅名の候補に
「吉川なまずの里」「むさし吉川」
があった。


ひろびろとした駅前。
東京駅までちょうど1時間。
バスはこちら西口には4系統が発着。


いち早く建設された
住友不動産のマンションと
家電量販店。
手前の空き地にはイオンタウンが
今年夏グランドオープンとのこと。
この時はまったくの更地。


かわって東口側。
駅舎は東西対称のかたちをしている。


駅東側はもともと
農業振興地域だったとのことで、
まだほとんど開発の手が入っていない。


送迎用ロータリーはこんな感じ。
線路を隔て、東西の差は歴然。
最下部航空写真地図を参照。


田園風景が広がる駅東側。
なるほど、なまずもいるんでしょうなぁ(笑)


橋上の改札階へあがってみよう。


すっきりしたコンコース。
まだ新しい匂いがする。


改札口は一ヶ所。
一日の乗車人員は4,162人で、
武蔵野線駅最少で、
唯一、1万人を下回る。


改札内から改札口を見る。


吉川市はなまずをはじめとした
川魚で有名。
駅構内でなまずを飼育中。
愛嬌のある顔だよね(笑)。


ホームは2面3線。
こちら左が3番線上り府中本町方面、
向かいのホームが1番線で
下り西船橋方面。
真ん中は当駅始発の電車が使用するが、
その数は多くない。


2番線を府中本町方から撮影。
利用客は周辺の開発にあわせ
年々増加し、5年で倍増。


3番線府中本町寄りから
同方面のようす。
聳え立つクレーンが、
更なる発展をイメージさせる。


かわって1番線下り方面。
橋上駅舎付近から西船橋方向。


同じく1番線西船橋方から
駅舎方向。
平日にはサラリーマン、
休日には家族連れの利用客で
賑わう未来はすぐそこ?


3,2番ホーム端から
府中本町方向。
2番線は上下の始発電車に対応。
渡り線が見える。


1番線ホーム端から
西船橋方向。次駅は新三郷で、
向かって右側の車窓はかつての操車場。
物流倉庫、ショッピングモールなどに
姿を変え、まちは急速に発展しつつある。
「なまずの里」はこの先
どうなってしまうんだろうな。





2018/04/13

「死ぬまでに全駅」(397) #0014 東逗子駅

#0014 東逗子(ひがしずし)

・東日本旅客鉄道 横須賀線
 逗子|田浦
【区分】甲 【撮影日】2012/5/27
【所在地】神奈川県逗子市
【開業】1952(昭和27)年
【乗車人員(日)】5,124人(2016)


神奈川県逗子市に所在。
JR横須賀線の駅。


駅前のようす。開業は1952年で、
歴史ある横須賀線の駅の中では
最も後発の設置となる。


三浦半島付け根の内陸部にあり、
緑被率も高いが、周辺は住宅地。
海も近く、住みやすそう。


鷹取山などのハイキングコースに近く、
通勤通学の利用客ばかりではない。
しかし周辺の商業施設はやや貧弱か。


逗子方踏切から駅全景。
直線部に設置された相対式2面2線。


駅北側には出入口はない。
あってもよさそうなものだが。


改札内から改札口を撮影。
一日の乗車人員は5,124人。
この数字は線内最少の田浦駅の倍で、
横須賀駅よりやや少ない。


1番線上りホームに隣接した改札口。
2番線へはホーム中ほどの跨線橋、
エレベーターを使用する。


ホーム中ほどより久里浜方向。
当駅の2番線からの写真はない。
理由は後述。
こちら1番線上り東京方面、
向かい2番線くだり久里浜方面。


2番線の跨線橋付近のようす。
当駅は「相対式で2線のホームは
片側からのみの撮影で可」のルールを
最初に適用した駅で、その後しばらく
そのルールで各駅を撮影したが、
現在は廃止されている。
サボるなよってこと(笑)


1番線久里浜寄りから東京方向。
ホームは幅を拡張した形跡がある。


上写真とほぼ同じ位置から久里浜方向。
11両編成に対応するためホームは長い。
が、上屋は途中で切れている。


1番線ホーム端より東京方向。
利用客は少しづつ減少している。
実際住んでみてどうなのかも大事だが、
すまいは印象も大事。
駅もまちも少し地味な雰囲気は否めない。