2015/02/24

「死ぬまでに全駅」(45) #0497 上星川駅


#0497 相模鉄道 本線 上星川(かみほしかわ)駅
和田町|西谷


【所在地】横浜市保土ケ谷区
【開業】1926(大正15)年
【駅名変遷】星川(1933)
【乗車人員(日)】12,760人

かつては当駅が「星川」を名乗り、
現在の星川駅は「北程ヶ谷」といった。
1933年に現駅名となる。
 
北口。すぐ国道16号に出る。
国道を挟んで高台には新しいマンションが
続々と建ちはじめている。
 
南口。
そうてつローゼンほか大きな商業ビルがある。
南口にはバスは来ず、
帷子川を渡って蔵王神社前交差点まで出る。
 
改札。
一日の乗車人員は12,760人。
改札内のようす。
階段、エレベーターでホームへ下りる。
1972年に現在の橋上駅舎となった。
 
相対式2面2線のホーム。
駅舎は二俣川寄りに
偏って設置されているので、
10両編成対応のホームは
やたら長く感じる。
 
かつては下り線側に待避線があった。
この写真がわかりやすい。

二俣川方面を撮影。
東海道貨物線がオーバークロスする。
騒音対策のため、
防音壁のシールドで完全に覆われ、
列車の姿はまったく見えない。
 
横浜方面を撮影。右は帷子川。
上星川保線区が見える。
 
相鉄本線は横浜を出た直後から鶴ヶ峰まで
帷子川に併行して走る。
きれいな川ではないが、暑かったので
思わず撮影してしまった。




撮影日;2013/7/21

0 件のコメント: