2017/04/26

「死ぬまでに全駅」(313) #0956 高崎駅 (3/4回)

#0956 高崎(たかさき) (3/4回)
[1][2][3][4]

その3では上信電鉄駅にご案内。
同路線の起点駅。

西口の地上にくだる階段を降り、
左に進む。

上信電鉄のホームへの入口。
以前は中央コンコースから
直接連絡する出入口があったが、

2012年に撤去された。

ホーム側から出入口を見る。
ラーメン屋さんがあるね(笑)

ホームにいたる通路は
もとはJRの1番ホームだった。
いまは使用されず、柵が立つ。

改札までまだ距離がある。
信越線の特急電車も入線した
長いホームだった。

改札口に到達(笑)
一日の乗車人員は2,295人。

富岡製糸場の世界遺産登録後に
設置された自動券売機が鎮座する。

改札内から撮影。
右はJR駅の2番線ホームで
東西連絡通路が奥に見える。

ホーム頭端式の0番線。
以前は9番線だったが、
JRの番線新設にともない変更された。
なおホーム、通路はJR貨物の所有物で、
契約して借りているとのこと。

頭端ホームの先端は
ステンレス柵が設置されている。

下仁田方から改札方向に向かって。
電車は全車2両ワンマン。
休日の朝7時。ホームに人影なし。

下仁田方ホーム端には
廃車を利用した待合室がある。

その内部。なかなか立派。
空調は効くのかな(笑)

製糸場の世界遺産登録により、
上信線も2014年は若干、
輸送人員の向上が見られたが、
そこを除けば
1966年をピークに
減少の一途を辿っている。

最終回のその4では新幹線ホームにご案内。


次回(4/28)は毎月最終金曜恒例の
路線全駅紹介で
千葉・銚子電鉄にご案内します。
高崎駅その4(最終回)は
5/1(月)に掲載します。

0 件のコメント: