2017/04/05

「死ぬまでに全駅」(309) #1532 遠州西ヶ崎駅

#1532 遠州西ヶ崎(えんしゅうにしがさき)

・遠州鉄道 鉄道線
 積志|遠州小松
【区分】甲 【撮影日】2015/11/28
【所在地】浜松市東区
【開業】1909(明治42)年
【乗車人員(日)】735人
【駅名変遷】西ヶ崎(1923)

浜松市東区に所在。
遠州鉄道鉄道線の駅。

駅全景。
踏切の途中に改札口がある。

駅名標などでは「遠州」が省略される。
他の「遠州」駅も同様。
もともとは「西ヶ崎」駅だった。

改札を出るとつきあたりはトイレ。
両脇に自販機。
メンタルクリニックは「ダダ」(笑)

終日無人駅。
一日の乗車人員は735人。
それなりにマチナカにあるのだが。

ホームの新浜松寄りに出入口がある。
ICカード読取機が設置されている。

ホームは短い1面2線。
当駅は無人駅なのに
鉄道事業部・営業所が併設される。
この写真左の建物。
こちら1番線で上下の電車が入線。
左の2番線は通常使用されない。


西鹿島方ホーム端から。
右の2階建てが事業所。

2番線をホーム中ほどから西鹿島方向。
かつては当駅に隣接し車輌工場があったが、
現在は西鹿島に移転している。
跡地は写真右のマンション一帯。
遠鉄グループが経営している。

新浜松方面を撮影。

西鹿島方面を撮影。
1925年製の電気機関車、
ED28形が留置されている。
もとは豊川鉄道の51形で、
英国製。





2 件のコメント:

三等兵 さんのコメント...

この駅、そのうち予定している
浜松探訪で利用します(笑)

この路線も運行本数が多いので
非常に便利ですねっ!
静鉄しかり、遠鉄しかり。

slycrow96 さんのコメント...

三等兵様

コメントありがとうございます。
浜松は三方ヶ原と数々の軍需工場、
それを守る高射砲部隊の遺構などが
思い浮かびます。
この路線は静鉄と違って単線ですが、
運行本数は多いですね。
探訪のレポートが楽しみです。