2015/07/27

登録駅紹介・・・2015/7/25


#1376 会津鉄道 会津線 弥五島(やごしま)駅
山間の小駅。開業は1934年。国鉄会津線から1987年、会津鉄道の駅へと移管した。平日1本だけのバスもやってくる。
 

#1377 会津鉄道 会津線 会津下郷(あいづしもごう)駅
国鉄時代からの木造駅舎が残る。町役場が近い下郷町の代表駅。
 

 
#1378 会津鉄道 会津線 ふるさと公園(ふるさとこうえん)駅
野球場やテニスコートなどの運動施設の整った「大川ふるさと公園」が目の前。学生などの合宿での需要をねらっている。
 

#1379 会津鉄道 会津線 養鱒公園(ようそんこうえん)駅
国鉄時代は会津落合と名乗った。養鱒公園はマスの養殖場で、釣った魚をその場で食べることも可能。周辺にはその用水の流れる音が絶え間なく聞こえる。
 

#1380 会津鉄道 会津線 会津長野(あいづながの)駅
一日の乗車人員は5人。周囲は耕作地。ログハウス風の駅舎。
 
#1381 会津鉄道 会津線 田島高校前(たじまこうこうまえ)駅
国鉄時代は田部原という駅名だった。一日の乗車人員は112人と、まさにケタ外れ(笑)に賑わう駅。待合室の張り出した屋根が特徴。
 
#1382 会津鉄道 会津線 会津田島(あいづたじま)駅
「会津田島ふれあいステーションプラザ」を併設し、お土産店、軽食店、観光案内所などが入居している。この先は電化されており、当駅まで野岩鉄道、東武鉄道の電車が乗り入れる。
 


#1383 会津鉄道 会津線 中荒井(なかあらい)駅
ホームに咲くアジサイが見事。周囲の風景ものどかで好印象。隠れた名駅で、マニアの間でも人気が高い。

 

#1384 会津鉄道 会津線 会津荒海(あいづあらかい)駅
海からは遠く離れているが地名に海がつく。田島高校へ通う学生さん達が気持ちよく挨拶してくれた。あと、時計壊れてるから(笑)
 
#1385 会津鉄道 会津線 会津山村道場(あいづさんそんどうじょう)駅
山村道場とは農業技術の伝習を目的とした施設で、現在は都市と農村の交流施設になっている。歴史民族資料館も近い。
 

#1386 会津鉄道 会津線 七ヶ岳登山口(ななつがたけとざんぐち)駅
七ヶ岳は標高1,636m、七つの峰を持つ。山頂からは日光、尾瀬、磐梯、飯豊山を一望できる。

#1387 会津鉄道 会津線/野岩鉄道 会津鬼怒川線 会津高原尾瀬口(あいづこうげんおぜぐち)駅
会津鉄道、野岩鉄道のそれぞれ終着駅。国鉄時代は会津滝ノ原と名乗った。ここから2時間かけてバスが尾瀬まで運行されている。
 


#1388 野岩鉄道 会津鬼怒川線 男鹿高原(おじかこうげん)駅
関東地方では最強の秘境駅。東武電車を乗り継げばわりと簡単にアクセスできるため、秘境駅ランクは低め(24位)だが、なぜここに駅があるのか意味がよく解らない。そしてなぜかヘリポートがある。
 


#1389 野岩鉄道 会津鬼怒川線 上三依塩原温泉口(かみみよりしおばらおんせんぐち)駅
塩原温泉へは新幹線駅よりはるかに近いが、あまり利用客はいない模様。関東の駅百選認定駅。待合室がくつろげる(笑)
 

#1390 野岩鉄道 会津鬼怒川線 中三依温泉(なかみよりおんせん)駅
このあたりの温泉も寂れてていい感じ。駅裏手に小さなスキー場がある。盆踊り大会も駅前で開催される模様。
 

#1391 野岩鉄道 会津鬼怒川線 湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)駅
「道の駅湯西川」と同敷地にあり、観光客で賑わう。ホームは葛老山トンネル(4,250m)内にあり、列車は駅を出ると五十里湖を鉄橋で渡ってゆく。
 


#1392 野岩鉄道 会津鬼怒川線 川治湯元(かわじゆもと)駅
葛老トンネルの出口にある高架駅。真夏でもトンネル内から冷気が漂い、とても涼しい。駅を出ると天を衝くよなコンクリ橋を渡り、まさに鉄建公団の面目躍如的な駅。一日の乗車人員は93人と意外に多い。
 

#1393 野岩鉄道 会津鬼怒川線 川治温泉(かわじおんせん)駅
有名な川治温泉街へは前出の川治湯元駅が近い。駅舎は細部まで丁寧な造りで、ハコモノ的な匂いもしないでもないが、なかなかの好物件である。

#1394 野岩鉄道 会津鬼怒川線 龍王峡(りゅうおうきょう)駅
鬼怒川上流の景勝地・龍王峡の最寄駅。駅は観光客用の駐車場の一角にあり、土産物屋や飲食店も居並ぶ。ホームは半分トンネルに突っ込んでいる。ちなみに龍王峡は見てない(笑)。

#1395 東武鉄道 日光線 明神(みょうじん)駅
農村地帯。暑くて何も覚えていないし、とくに何もない。
 
#1396 東武鉄道 日光線 下小代(しもごしろ)駅
旧駅舎が駅前50mほど離れた場所に保存してある。「曳き家」という方法で、解体せずにずらして移動したとのこと。そういやあったよ、って今気づくなよ(笑)
次回はJR武蔵野線を予定しています。

0 件のコメント: