2015/10/20

シヌゼン各駅紹介(160) 1001-1500駅レビュー 第9位

#1101 東日本旅客鉄道 磐越西線 翁島(おきなしま)
猪苗代|磐梯町
【所在地】福島県耶麻郡猪苗代町
【開業】1899(明治32)年
【乗車人員(日)】27人
1001-1500駅レビュー 第9位

<選定理由>
「バックの磐梯山の山容が美しい、
偉業を携え帰郷した野口英世を出迎えた駅」

福島県猪苗代町に所在する、
JR磐越西線の駅。
 
駅前のようす。
会津磐梯山が眼前に迫る。

駅舎はコンクリートのそっけないもの。
いちおう待合室もある。
付近に皇族の別荘地があったため、
旧駅舎には貴賓室があったとのこと。
旧駅舎は村営「緑の村」に移築。
 
ロータリーの導流島のように
駅前には松の木が。
1915年秋、15年ぶりに帰郷した野口英世を、
800名の村民がこの駅で出迎えた。
この年、彼は2度目のノーベル賞候補となった。

ホームへ出てみる。
2面2線の相対式。
 
こちら2番線郡山方面、
向かいが1番線若松方面。
 
かつては2番線奥(駅舎から見て)にも
線路があったような跡が見られる。
 
こんな感じで。
資材置き場になっていた。
1番線から郡山方面を撮影。
2番線には構内踏切を渡る。
駅北側は別荘地で、ペンションも多い。
 
1番線から若松方面を撮影。
この先線路はうねうねと蛇行して
次駅磐梯町へ至る。

駅舎はカプセル式、
路線は電化され架線柱が立つが、
駅そのものの印象は当時と
そう変わらないのではないだろうか。
英世の帰郷を大歓迎する村民の姿、
駅の賑わいを容易にイメージできる。
それが100年も前のことでも。
 



撮影日:2014/11/2

0 件のコメント: